☆サスケ風呂☆~L'Étranger編

大航海時代オンライン能登鯖こっそり略奪日記☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

対ポルトガルの雄

早くも東アジアが安全化してしまったので東南アジアに移動。


ジャカルタ近辺を往来する商船などを追いかけていると、友人から忠告の電文が届いた。

どうやらオレのクビを狙っている海賊がいるらしい。

そこの団体の人間をやっちまったようだが、そんなもんイチイチ気にしてないので覚えていない。


来るなら来てみやがれ!

そんな感じで私掠行為に精をだしつつも頻繁に検索をかける小心者でもあったりする。


とりあえずいつでも逃げられるように快速船に乗り換えつつジャカルタ前をウロウロ。


そのときだった。

一瞬、海がシーンと鎮まりかえるような異様な雰囲気を察し、ジャカルタ港に舵を切りつつ検索。


さっき聞いたばかりの、オレのクビを狙っていると思われる海賊KとSがHITした。

おいおいもう来たのかよ・・・。


そのままジャカルタへ滑り込むように入港。

戦闘準備を整えるべきか、逃げに徹するか、しばし考えつつも

分が悪い戦闘になるのは目に見えてるし、立ち向かう大義がこちらにあるわけではない。

とりあえずここを脱出することにしようと準備して出航。


しかしあちらも速度ののったゴールデンハインドで追いかけてくる。

まずい!捕捉された!!


K○○○の強襲です!

なんとか離脱さえできればと外に向かって舵を切るが相手2隻は重量砲撃で足止めをしてくる。

ほどなくKにつかまりそのままSの砲撃によりなすすべもなく撃沈されてしまった。

敵船Sの攻撃により、撃沈されました!
Sの攻撃により、被害甚大です!
船が航行不能になりました!
7578750㌦を失いました
水が31、波にさらわれました!
金貨110652㌦が海に沈んでしまいました!
画面上部の難破コマンドを実行してください
Kに敗北しました…
戦闘名声が85下がりました
K>wwwwwwwwwww
★サスケ★>きゃあああああああああ
K>いまからいいとこだろwww
★サスケ★>ねwwwww
K>セ○○ス寸前で出ちゃったw
S>すまぬ;;
★サスケ★>ごめんよーwww
★サスケ★>○○の人やっちゃった?w
K>さー!浮きなさい!
★サスケ★>wwwwww
S>やっちゃったねw
K>それはかまわないよw
★サスケ★>そっかーw
K>○○○だしw
★サスケ★>くるんじゃないかなーとはおもってたw
K>気にスンナw
★サスケ★>ああ
★サスケ★>あのひとそうなんだw
K>あいつも色ついてるんだし しかたがないよw
★サスケ★>しらんかったw
★サスケ★>まぁ
★サスケ★>しっててもやったけどね!!!
K>さー!浮いて 俺とタイマンしようぜ!
★サスケ★>おーw
★サスケ★>この船で?w
K>ジャカでのりかえよっか
★サスケ★>ういおw


どうやらこの前友人になったポルトガル私掠海賊が引き金になったようである。

しかしこれは逆にいいチャンスを頂いた。勉強させていただこう。

------------------------------------

ジャカルタで乗り換えて海に出る。

敵船K:サーヴェイフリゲート
自船:ナポリタンガレアス

まぁおっそろしい船だった。

Kの手の内を明かすのは控えたいので割愛するが、白兵に突入した時点ですでに瀕死。

火炎壺打たれたら終わっちゃうので仕方なく甲板へ乗り込まざるを得ない。

この時点ですでに後手後手。追い込まれての甲板戦なんてすでに負けを認めているようなものだ。

見事に普段着用の愚者をもってかれた。


お付き合いの戦闘で収奪したものなんかもらうのは恥だ。とKらしい発言はあったものの、

こちらも負けは負けであって受け取るわけにはいかない。いるかぼけええと押し返した。


その後Sさんともやったが、また負けちまった。


さすがはポルトガルの名高い私掠たち。

強いのはわかっていたが、気持ちのいい負けだった。

もともとポルトガル人だったオレだから

この人たちと一緒に私掠をするという選択肢も無かったわけではないだろう。


でもこの一件で、やっぱりポルトガルを出てよかったと改めて感じた。

こんなスリリングで楽しいことポルトガルにいたら味わえなかっただろう。


そのあと、フラっと現れた新米ヴェネ海賊エテ吉と組んで2-2でもう一戦。

んで2個目の愚者もってかれて終了。

「K○○○さん!」
「さっきはかっこいいこといってごめんんさい」
「もう呼び捨てしないから」
「愚者1個かえしてwwwwwww」


K○○○>さすけさん 洋上もうちょいなんとかした方がいいな・・・


わかってるわーぼけえええええええええええええええ!!!wwww





  1. 2013/02/22(金) 12:09:33|
  2. 私掠活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

対イスパ私掠・・・そして対ポルトガル私掠~序章~

安全化していた東アジアがそろそろ危険海域に戻るという情報を耳にしたので、

とりあえず東南アジアへと移動。


目の前を通過していく商船から上納品を頂きつつ、危険海域化した東アジアへと舵を切る。


堺港の前にてイスパ商船を発見。

南方向に怪しいガレアスの船影が見えた気がしたが、とりあえずは目の前のイスパ商船だ。


商船の甲板から積荷のジャガイモをたんまり頂き自船にもどると、すぐ隣にナポリタンガレアスが停船していた。

船長は顔なじみのイスパ私掠であったのだが、なにやらいつもと様子が違う。


「悪党め!○○の仇討ちだ!」と叫びつつ此方に砲撃を開始してきた。

どうやら先ほどのイスパ商船とは旧知の仲だったようだ。

仕方あるまい。そちらがその気ならこちらも応戦するしかない。


「こいや!のーぱん!!」

こちらもありったけの力を込めて敵の通り名を叫びながら甲板へと突入していく。

さすがに甲板での立ち回りはあちらに一日の長がある。

なんとか敵の槍をかわそうと回避に集中するが、今日はなかなか運がない。

とうとう相手の連続攻撃の前に屈することとなった。



他国私掠と言えど、顔なじみだからであろう。

オレから奪い取ったドゥカートを返すと申し出てくれたのだが

それはさっきの商船に渡してやってくれと精いっぱいの強がりでその場を去り、ホロへと向かった。


---------------------------------------


先ほどの敗北を忘れようとホロの酒場でしこたま酒をあおり

よし、もうひと仕事するかと腰を上げる。


----------------------------------------

もう一度堺前へと引き返す。


先ほどからは少し時間が経っていたので今度はポルトガル私掠海賊が活動しているようだ。

この方も知り合い程度ではあるが、まだ声をかけたこともなければ剣を交えたこともない。

一応挨拶程度に声をかけてみるかと近寄ったときだった。


お互いのすぐ近くをヴェネツィアの商船が通過した。

ポルトガル私掠はそれを見逃すわけもなく、商船の方に舵を切った。


こちらも自分の目の前で自国の商船を襲わせるわけにはいかない。

そう思った時にはポルトガル私掠に砲撃を開始していた。

こうなると挨拶もくそもあったもんじゃない。

敵船の甲板に乗り込み、討伐に成功。

相手はホロへと向かわざるを得ない状態になった。

そんな状態の中で、ポルトガル私掠から友人にならないかと誘いがきた。

昨日の敵は今日の友。

そんな甘っちょろい世界でないことは重々承知の上ではあるが

敢えてここはその誘いに乗ってみよう。



この判断が吉だったのか凶だったのか、

すべてはこれがあの出来事の始まりだったわけだ。

  1. 2013/02/21(木) 16:33:44|
  2. 私掠活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

対フランス私掠&陸戦ジャー

さっそくカリブにて私掠活動。

お加代と合流し、目についた多国籍船を強襲しようと検索をかける。


するとフランス国籍の私掠海賊がHIT。

しかしドミンゴ沖からすぐに姿が消えた。


二手に分かれ索敵行動に入る。


ドミンゴから消えた時間から考えると、南カリブに入って西に向かってると踏んだので

オレは北からハバナ方面へと回り込む。

お加代はポルトベロ~グランドケイマンへ。


予想通り西カリブに入ると再び検索にかかる。が、またすぐ消えた。

だがこの近辺に潜伏してるのは間違いがない。


お加代が街中を探している間、オレはハバナ近海を周回していると・・・後ろに船影が。

---------------------------

○ー○の強襲です!

敵船:たしかゴールデンハインド
自船:ナポリタンガレアス

軽く撃ち合いつつもおそらくお互いに狙いはひとつ。甲板だ。

直撃阻止を発動し、接舷。敵甲板に乗り込むことに成功。

だがはじまってすぐにテクニックをきちんとセットしていないことに気付いた。

しかしここまできたら負けられぬ。苦戦しつつもかろうじて敵を仕留めることに成功した。


再戦を申し込まれたため、テクニックセットを確認してから応じる。

ここではある程度余裕をもって仕留めることに成功。合計44mほどの賞金をいただいた。


---------------------------------

ハバナで補給を終え、外に出てみると・・・

今度は、いつもよく見る顔なじみの二人組が検索にかかった。


これは間違いなくオレのクビを狙ってきてるな?wということで

ハバナ周辺でお加代と二人で待ち受ける。


敵船影を捉えたので、こちらから仕掛ける。

----------------------------------

敵艦隊:ナポリタンガレアス&ラクローン
自艦隊:ナポリタンガレアス*2

正直甲板では分が悪そうだと思ったので砲撃していたのだが・・・。

お加代と敵僚艦はもう甲板やる気で外周で停船している始末w

仕方ないので甲板へ突入。

どうやら、街中での決闘は無双の二人組も甲板での決闘ではまだこちらに地の利があるようだ。

なんとか二人を撃退することに成功。

再戦したがそこでも甲板2連勝を収めることができた。


その日は強敵相手に負けることなく終えられたので気分よくハバナで眠りについた。



このあと訪れる出来事など露程も知らずに・・・・・










  1. 2013/02/20(水) 18:03:48|
  2. 私掠活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

L'Étranger

ひとつの兆しから、転機が訪れる。


なんで海賊になんぞ・・・

なんでヴェネツィアに・・・


色々聞かれることもあるけれど

オレにはオレの理由がある。

傍から見たら奇異な行動なんだろうな。


とりあえずヴェネツィアでの私掠活動を綴ってみようかと思う。


お待ちかねの第二部スタートだよ!!w
  1. 2013/02/20(水) 15:48:10|
  2. 大航海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

では!

venesasuke.jpg


                 第一部 ~完~

www
  1. 2013/02/16(土) 12:45:08|
  2. 大航海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ 次のページ

プロフィール

★サスケ★

Author:★サスケ★
ヴェネツィア亡命しちゃったから旗ちがうけど、せっかく作ってもらったカードなのでそのまま貼ってますw
「『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。」
「(c)2005-2009 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.」
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
大公開 (0)
大航海 (29)
収奪 (24)
対人戦 (6)
サスケ君の独り言 (1)
私掠活動 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。