☆サスケ風呂☆~L'Étranger編

大航海時代オンライン能登鯖こっそり略奪日記☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カナリア沖 対フランス&イスパ(1vs2?)

ここ最近は新キャラ育成に忙しくほとんど海に出ていなかった訳だが

久しぶりにカナリア沖に船を出してみた。


商船などを発見しては近づいてみるのだが、なかなか交戦の機会が得られない。

まぁこの航路を悠々と通過する商船は何かしらの力が作用している場合が多いので仕方あるまい。




そんなかんじでラスパルマス近辺を周回していると・・・

フリゲート級の船影2隻が目に入る。

先ほどから検索に引っかかってる2人組だ。


お名前が似てるので、2人組だけど実際に船を操ってるのは1人というタイプの船長さんかと思って様子見してたらこちらへ近づいてきた。



○○○n.の強襲です!

あれwほんとの二人組だったのか??

敵船:アイアンサイズ×2 上級士官と熟練剣士
自船:ナポリタンガレアス 剣士

こちらは移動重視で板はつけてないし、相手はお二人ともシュミネで砲撃してくる。

どちらかに捉まったらまずいなぁと思って戦闘範囲外に一旦退散しようと船を進める。

何度か敵船からの煙幕弾による砲撃をうけるが思ったほど痛くはないし

どちらもある程度の距離をとって動いているので捉まる心配もなさそうだ。

ということで無事離脱に成功。


★サスケ★>ふぅ><
○○○n.>けっ


ラスパルマスに寄港し、手元にあった鉄板を船に装着。資材なども積み込み出航する。

海に出ると隣にお二人が浮いてらっしゃったのでこっそり情報収集。

うーん。これはなにを狙ってきてるのだろう・・・


いまいち狙いがよくわからんが、いっちょいってみるか。

酔った勢いとは恐ろしいものである。


ラスパルマスから逆風方向の北へ向かって出航。

敵船二人も追いかけてくる。

ある程度距離が離れたところで南に舵を切る。やはり追いかけてくる。

向こうさんはやる気満々のようだが、こちらも敵の行動を見て「やはり」と思った部分がある。

それならば勝機はあるな。



もう一回反転して風上に回ったところでこちらから交戦。


敵旗艦に向け舵を切り迷わず直進。

その間、敵僚艦はまったく舵を切る気配がないし、回避すらしていない。

なので思いっきり頭に砲撃をぶち込む。

クリティカルなダメージを与えたが、漕船と直撃阻止などに船員は必死だったため耐久を半分ほど減らすことしかできなかった。

ここで1人沈めておければ楽だったなぁ・・と思いつつもそのまま敵旗艦に接舷。

すぐさま甲板に乗り込む。

敵は二人とも足を止めたままなので、その場での撃ち合いに。

熟練剣士の方から狙いを定め一気に倒すことに成功。

残すは上級士官。

やっと敵は甲板内を走り出したが、こうなれば時間の問題だ。


★サスケ★が必中突きを使い、○○○n.を攻撃しました!
★サスケ★>ごちえ (←酔っぱらって呂律が回らなくなってるw)
甲板戦に勝利しました
フランスへの敵対度が20上がりました
悪名が295上がりました!
緑の騎士の斧を入手しました!
弾薬を49奪いました
金貨を3882133㌦奪いました
マダイを4入手しました!
改良ゲルンステイスルを入手しました!
食料を23奪いました
金貨を3895128㌦奪いました
戦闘名声を2獲得




二人と戦ってたつもりでいたが、実は一人と戦っていたのかもしれない。

世の中不思議なことがあるものだ。


スポンサーサイト
  1. 2013/03/26(火) 09:08:33|
  2. 私掠活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

対フランスの人達

とりあえず一通りフランスの人たちと出会えたので書いておこう。


まずはこちらの声が届きそうで届かないAさん。

東アジアが危険化したとき(すでに安全がデフォ)釜山の南あたりでバッタリ遭遇。

慌てて交戦。でも逃げられて終了w

やはりソロだと遊んでくれないらしい・・・。

「やぁw」とか挨拶してたことにあとで気付いたオレの気持ちを考えると負けに等しい一戦であった。


んでMさん。

これは以前に日誌に書いた通り。甲板戦2連勝。


そしてSさん。

ジャカルタ前にいるご様子だったので出てみた。

てっきり甲板しかしないのかと思って板もつけずに出たのが運の尽き。

船みてみたらサーヴェイだった・・・。

一回出て準備しなおすということもできなくはなかったけど

なんかそれも面白くなかったのでこのままいこうとおもったがすぐに資材が尽きて沈没。

かなりかっこ悪い負け方だった・・・・w

まぁ準備段階ですでに負けていたわけで仕方ない。

再戦挑みたかったけど、時間的都合によりあきらめてホロで眠りについた。


最後にEさん。

ジャカルタ出たら発見したので逝ってみた。

詳細はEさんの日誌を読むとよろしかろうw


ただこれだけ言っておく。

Eさんは激闘と言っているが、決してそんなことはなかった。

こっちはフィリバスタだがあちらは砲術家。

にもかかわらずほぼ一方的な展開。

(重ね着の下まで覗いてないから実際職業ハンデがどの程度あったのかは不明。)


んで特にひどかったのは2戦目。

すこしばかりミスしてしまったのはあるがたぶん瞬殺と言ってもいいくらいの負けっぷりだった。


まだまだ差があるなぁ。もっと修行せねばならん。



-------------------------------------------------------------



ここからは自分の思ったこと。


陸戦って装備やキャラステータスで勝敗が決まるものと思ってた最近までの自分。

たしかに装備やらテク補充速度やらスキルRも大事な要素というか

そこの占める割合が大きいのは事実。


でも同じ装備制限の中で、同じようなLv帯の人とやっても

まーーーーーたっく勝てない人がいるってのも事実。


んで自分なりに研究していくと、そんな人にも勝てることがあったりするのも事実。


それを甲板戦で出し合えるのってね

結構楽しいよ?w


次は勝ちたいから、

交流会の場で情報交換したり研究したり精度をあげたり戦術を確立できるように練習する。

で、甲板で挑む!

で、また負ける!  ←いまここだけどw


まぁ楽しいですってことよw





  1. 2013/03/19(火) 13:58:10|
  2. 私掠活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カナリア沖にて

昨夜、リスボンにて目覚めると友人のYから連絡がきた。

なにやら新しく入手したなんちゃらナイフという武器が海賊に獲られないような装備なのかを確認したいらしい。


グヘヘヘヘヘ 

検証という名の略奪行為ができるチャンスである。


じゃあラスパルマスで待ってる。と伝え、リスボンを出航。


せっかくカナリア沖に来たので、Yが来るまで獲物を探して待つ。

前方に、西サハラ旅団かなにかに奇襲を受けて足止めを喰らっているクリッパーらしきイング冒険船を発見。


戦闘離脱を少し離れたところで待ち、機を見て襲いかかる。

重量砲撃で足止めしつつ、接舷しようとグイグイと近づく。

よし追いついた!敵船と白兵準備じゃあああ!と接触したのだが

敵船の横っ腹にラムが突き刺ささり接舷できなかった・・・。

(そいえばこの前、無双の甲板決闘で旗やったときに、メガネをびびらせたろうとラム付けたのを忘れてた)


あともうちょっとで撃沈できそうなダメージを与えつつも接舷できずにとり逃してしまった。



そんなことやってたらYがラスパルマス到着した。

とりあえず略奪紙つかって確認したいらしい。チッ

結果的には40枚ほど使ってもこちらの手元には来なかった訳だが、このまま終わるのも味気ないので。


甲板ポチッ!

人のいいY「ええええ!ひどい!」

鬼畜サスケ「いあいあ。甲板収奪の検証ですよ」

人のいいY「なるほど^^」


ということで3回ほど検証という名の一方的甲板略奪行為を満喫。

もちろん略奪紙40回で来なかったものが甲板だからって略奪できる訳などない。


---------------------------------------------------


検証も一段落したので、とりあえず沖に出て検索をかけてみると・・・

先ほどのイング冒険家さんがいる。

目を凝らして沖を確認してみると、なにやらフリゲート級の船影が。


おお!さっきのイングさんがスーパーフリゲートに乗り換えて待ってるじゃないか!!

いいねぇw こうゆう人がいるとこちらも燃えてくるというものだ。


そのままフリゲートの近くへ寄ってみる。もちろん・・・



ラ○○○の強襲です!

きたあああww

わざわざ報復に来られて沈められちゃったらアレなのでこちらも一気に接舷。

なにもさせずに甲板へと乗り込む。

甲板戦に勝利しました
木材を3入手しました!
名匠カロネード砲16門を入手しました!
弾薬を22奪いました
金貨を752937㌦奪いました
★サスケ★はラ○○○にお辞儀した
ラ○○○>つよ
★サスケ★>^^
漕船スキルを発動しました
操帆スキルを発動しました
運用スキルを発動しました
船員への物資配給を抑えます
★サスケ★>いつでもリベンジうけつけます!


-------------------------------------------


ラスパルマスへ寄港。補給してもう一度沖へ出る。


すると後方にイスパ船籍のガレアスを確認。

此方に向かってきている。海賊狩りかな?楽しめそうだ。


こちらも反転して迎撃態勢をとる。

チ○○○の強襲です!

敵船・自船ともにナポリタンガレアス。

交戦前にちょっと確認した情報から、あちらはかなりLvの高い剣士のようだ。

おそらく甲板にも対応してくることだろう。

ということで・・・

甲板戦に突入します!
★サスケ★>わくわく
★サスケ★>どきどき
チ○○○>(@∑@ll)
チ○○○がトビの羽を使いました
チ○○○が完全回避状態になりました!

どうやらあちらは槍投げ一本でのチェインを狙ってきてるようだ。

相手の回避が切れたところですかさず必中突きを放ち、逃げる相手にとどめの一撃を与える。

甲板戦に勝利しました
名匠カロネード砲16門を入手しました!
食料を39奪いました
金貨を3901887㌦奪いました
戦闘名声を2獲得
チ○○○>ぐw
★サスケ★>てへw
チ○○○>おつw

あちらから仕掛けてきたということで

こちらにはまだ交戦の権利が残っている。そりゃあ迷わずいきますわ。

チ○○○と交戦に入ります!
★サスケ★>せっかくなので
チ○○○が回避スキルを発動しました
チ○○○が弾道学スキルを発動しました
★サスケ★>こちらからもw
直撃阻止スキルを発動しました
チ○○○の攻撃により船が大きく揺れています!
甲板戦に突入する用意ができました
甲板戦に突入します!

・・・・

チ○○○>あああああ
★サスケ★>ありりw
甲板戦に勝利しました
イスパニアへの敵対度が2上がりました
悪名が285上がりました!
レザーブーツを入手しました!
金貨を780377㌦奪いました
戦闘名声を2獲得

ブーツは水虫をうつされると困るし、少々ニオイがきつかったので相手の船に投げ返した。



こんな時代になってもまだこうゆう方たちがいるかと思うと嬉しくなるものだ。

おかげで気分よく眠りにつけた。








  1. 2013/02/27(水) 13:29:46|
  2. 私掠活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

対ポルトガルの雄

早くも東アジアが安全化してしまったので東南アジアに移動。


ジャカルタ近辺を往来する商船などを追いかけていると、友人から忠告の電文が届いた。

どうやらオレのクビを狙っている海賊がいるらしい。

そこの団体の人間をやっちまったようだが、そんなもんイチイチ気にしてないので覚えていない。


来るなら来てみやがれ!

そんな感じで私掠行為に精をだしつつも頻繁に検索をかける小心者でもあったりする。


とりあえずいつでも逃げられるように快速船に乗り換えつつジャカルタ前をウロウロ。


そのときだった。

一瞬、海がシーンと鎮まりかえるような異様な雰囲気を察し、ジャカルタ港に舵を切りつつ検索。


さっき聞いたばかりの、オレのクビを狙っていると思われる海賊KとSがHITした。

おいおいもう来たのかよ・・・。


そのままジャカルタへ滑り込むように入港。

戦闘準備を整えるべきか、逃げに徹するか、しばし考えつつも

分が悪い戦闘になるのは目に見えてるし、立ち向かう大義がこちらにあるわけではない。

とりあえずここを脱出することにしようと準備して出航。


しかしあちらも速度ののったゴールデンハインドで追いかけてくる。

まずい!捕捉された!!


K○○○の強襲です!

なんとか離脱さえできればと外に向かって舵を切るが相手2隻は重量砲撃で足止めをしてくる。

ほどなくKにつかまりそのままSの砲撃によりなすすべもなく撃沈されてしまった。

敵船Sの攻撃により、撃沈されました!
Sの攻撃により、被害甚大です!
船が航行不能になりました!
7578750㌦を失いました
水が31、波にさらわれました!
金貨110652㌦が海に沈んでしまいました!
画面上部の難破コマンドを実行してください
Kに敗北しました…
戦闘名声が85下がりました
K>wwwwwwwwwww
★サスケ★>きゃあああああああああ
K>いまからいいとこだろwww
★サスケ★>ねwwwww
K>セ○○ス寸前で出ちゃったw
S>すまぬ;;
★サスケ★>ごめんよーwww
★サスケ★>○○の人やっちゃった?w
K>さー!浮きなさい!
★サスケ★>wwwwww
S>やっちゃったねw
K>それはかまわないよw
★サスケ★>そっかーw
K>○○○だしw
★サスケ★>くるんじゃないかなーとはおもってたw
K>気にスンナw
★サスケ★>ああ
★サスケ★>あのひとそうなんだw
K>あいつも色ついてるんだし しかたがないよw
★サスケ★>しらんかったw
★サスケ★>まぁ
★サスケ★>しっててもやったけどね!!!
K>さー!浮いて 俺とタイマンしようぜ!
★サスケ★>おーw
★サスケ★>この船で?w
K>ジャカでのりかえよっか
★サスケ★>ういおw


どうやらこの前友人になったポルトガル私掠海賊が引き金になったようである。

しかしこれは逆にいいチャンスを頂いた。勉強させていただこう。

------------------------------------

ジャカルタで乗り換えて海に出る。

敵船K:サーヴェイフリゲート
自船:ナポリタンガレアス

まぁおっそろしい船だった。

Kの手の内を明かすのは控えたいので割愛するが、白兵に突入した時点ですでに瀕死。

火炎壺打たれたら終わっちゃうので仕方なく甲板へ乗り込まざるを得ない。

この時点ですでに後手後手。追い込まれての甲板戦なんてすでに負けを認めているようなものだ。

見事に普段着用の愚者をもってかれた。


お付き合いの戦闘で収奪したものなんかもらうのは恥だ。とKらしい発言はあったものの、

こちらも負けは負けであって受け取るわけにはいかない。いるかぼけええと押し返した。


その後Sさんともやったが、また負けちまった。


さすがはポルトガルの名高い私掠たち。

強いのはわかっていたが、気持ちのいい負けだった。

もともとポルトガル人だったオレだから

この人たちと一緒に私掠をするという選択肢も無かったわけではないだろう。


でもこの一件で、やっぱりポルトガルを出てよかったと改めて感じた。

こんなスリリングで楽しいことポルトガルにいたら味わえなかっただろう。


そのあと、フラっと現れた新米ヴェネ海賊エテ吉と組んで2-2でもう一戦。

んで2個目の愚者もってかれて終了。

「K○○○さん!」
「さっきはかっこいいこといってごめんんさい」
「もう呼び捨てしないから」
「愚者1個かえしてwwwwwww」


K○○○>さすけさん 洋上もうちょいなんとかした方がいいな・・・


わかってるわーぼけえええええええええええええええ!!!wwww





  1. 2013/02/22(金) 12:09:33|
  2. 私掠活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

対イスパ私掠・・・そして対ポルトガル私掠~序章~

安全化していた東アジアがそろそろ危険海域に戻るという情報を耳にしたので、

とりあえず東南アジアへと移動。


目の前を通過していく商船から上納品を頂きつつ、危険海域化した東アジアへと舵を切る。


堺港の前にてイスパ商船を発見。

南方向に怪しいガレアスの船影が見えた気がしたが、とりあえずは目の前のイスパ商船だ。


商船の甲板から積荷のジャガイモをたんまり頂き自船にもどると、すぐ隣にナポリタンガレアスが停船していた。

船長は顔なじみのイスパ私掠であったのだが、なにやらいつもと様子が違う。


「悪党め!○○の仇討ちだ!」と叫びつつ此方に砲撃を開始してきた。

どうやら先ほどのイスパ商船とは旧知の仲だったようだ。

仕方あるまい。そちらがその気ならこちらも応戦するしかない。


「こいや!のーぱん!!」

こちらもありったけの力を込めて敵の通り名を叫びながら甲板へと突入していく。

さすがに甲板での立ち回りはあちらに一日の長がある。

なんとか敵の槍をかわそうと回避に集中するが、今日はなかなか運がない。

とうとう相手の連続攻撃の前に屈することとなった。



他国私掠と言えど、顔なじみだからであろう。

オレから奪い取ったドゥカートを返すと申し出てくれたのだが

それはさっきの商船に渡してやってくれと精いっぱいの強がりでその場を去り、ホロへと向かった。


---------------------------------------


先ほどの敗北を忘れようとホロの酒場でしこたま酒をあおり

よし、もうひと仕事するかと腰を上げる。


----------------------------------------

もう一度堺前へと引き返す。


先ほどからは少し時間が経っていたので今度はポルトガル私掠海賊が活動しているようだ。

この方も知り合い程度ではあるが、まだ声をかけたこともなければ剣を交えたこともない。

一応挨拶程度に声をかけてみるかと近寄ったときだった。


お互いのすぐ近くをヴェネツィアの商船が通過した。

ポルトガル私掠はそれを見逃すわけもなく、商船の方に舵を切った。


こちらも自分の目の前で自国の商船を襲わせるわけにはいかない。

そう思った時にはポルトガル私掠に砲撃を開始していた。

こうなると挨拶もくそもあったもんじゃない。

敵船の甲板に乗り込み、討伐に成功。

相手はホロへと向かわざるを得ない状態になった。

そんな状態の中で、ポルトガル私掠から友人にならないかと誘いがきた。

昨日の敵は今日の友。

そんな甘っちょろい世界でないことは重々承知の上ではあるが

敢えてここはその誘いに乗ってみよう。



この判断が吉だったのか凶だったのか、

すべてはこれがあの出来事の始まりだったわけだ。

  1. 2013/02/21(木) 16:33:44|
  2. 私掠活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

★サスケ★

Author:★サスケ★
ヴェネツィア亡命しちゃったから旗ちがうけど、せっかく作ってもらったカードなのでそのまま貼ってますw
「『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。」
「(c)2005-2009 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.」
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
大公開 (0)
大航海 (29)
収奪 (24)
対人戦 (6)
サスケ君の独り言 (1)
私掠活動 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。